共感の意味とは?

コミュニケーションを考えるうえで「共感」は重要です。
共感力が高い人はコミュニケーション能力も高い傾向にあります。
この記事では「共感(きょうかん)」の意味について解説していきます。

スポンサーリンク

共感の意味

共感(きょうかん)は「他人の考え、感情を自分もその通りに感じること」という意味の言葉です。
他人が楽しそうなのを見て自分も楽しくなったり、悲しそうなのを見て悲しくなったり、誰かの様子を見て自分もその人と同じ感情になることが「共感」です。

共感するためには、自分も過去にその人と同じような体験をしていることが必要です。
大切な人をなくした悲しみは、大切な人をなくした経験がある人でないと本当のところはわからないということですね。

「共感」ととてもよく似た言葉に「感情移入(かんじょういにゅう)」がありますが、「共感」が人と人の間に限定して使用されるのに対して「感情移入」は人と物との間にも使われる、という違いがあります。

共感の使い方

  • 多くの人から共感を得る。
  • 世代を超えて共感を呼ぶ感動の物語。
  • 共感力が高く、コミュニケーションが得意な友人。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。