ジンクスの意味とは?

勝負事の前などに気にする人が多い「ジンクス(jinx)」。
よく聞きますが、カタカナ語と英語では少し意味が異なる言葉です。

スポンサーリンク

ジンクスの意味

ジンクス(jinx)は「縁起の悪いものごと」「縁起の良いものごと」という意味の言葉です。
ジンクス(jinx)はもともと英語で、英単語としては悪い意味だけしか持ちませんが、カタカナ語では良い意味でも使います。

本来の意味を考えると良い意味で使うのは適切ではありませんが、日本語の辞書には良い意味でも載っています。
かなり浸透しているので、良い意味で使っても誤用とは言えないでしょう。

ただし、海外で使う場合は悪い意味だけになるので注意が必要です。

ジンクスの語源

ジンクス(jinx)はギリシャ語の「jynx」が語源とされています。
「jynx」は鳥の名前で、日本語では「アリスイ」といいます。
この鳥は首が180度回転し、古代ギリシャでは魔術に用いられていたことから「不吉」とされていたようです。

ちなみにこれがジンクスの語源になったアリスイ。
見た目はカワイイですけどね。

出典:Wikipedia

ジンクスの使い方

  • 13日の金曜日に悪いことが起きるという有名なジンクスがある。
  • これまでのジンクスを破って勝利する。
  • ジンクスを守ることで成功につながると信じている。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。