推奨の意味とは?推薦や奨励との違いは?

よく目にしますが、なんとなく意味を理解している人も多そうな「推奨(すいしょう)」という言葉。
「推薦」「奨励」「推挙」など、似ている言葉も多いので混乱しないようにしましょう 。

スポンサーリンク

推奨の意味

推奨は「 優れている点をあげて人にすすめること」という意味の言葉です。
ある物事や人を褒めて「これは良いもの(人)なのでおすすめです!」と、他人にすすめることをいいます。

「○○を推奨する」という普通の使い方のほか、「推奨マーク」や「推奨環境」などのように、ほかの言葉にくっつけて使うこともあります。

「推薦」「奨励」「推挙」との違い

「推薦(すいせん)」は「良いと思うものを人にすすめること」または「条件や地位に適してる者を他人にすすめること」を意味します。
「推薦」は「条件に合っているのですすめる」、「推奨」は「優れているのですすめる」というニュアンスが強い点で異なります。

「推挙(すいきょ)」は「推薦」と同じ意味の言葉ですが、人を勧める場合にのみ使います。

「奨励(しょうれい)」は「良いこととして、それを行うようにすすめること」という意味の言葉で、行為のみを対象とする、という点で他とは異なります。

いずれも「すすめること」を意味する言葉ですが、少しずつ異なりますね。
以下にまとめておきます。

まとめ

  • 推奨:「優れているのですすめる」というニュアンスが強く、物事や人に使う。
  • 推薦:「条件に合っているのですすめる」というニュアンスが強く、物事や人に使う。
  • 推挙:「条件に合っている人なのですすめる」という意味。人にのみ使う。
  • 奨励:行為のみが対象。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。