扶養家族の意味とは?

税額計算や履歴書の記入の際などに目にする「扶養家族(ふようかぞく)」という言葉。
納める税金が少なく済むかもしれないので、意味をしっかりと理解しておきましょう。

スポンサーリンク

扶養家族の意味

扶養家族(ふようかぞく)は「収入面などで援助が必要な家族」という意味の言葉です。
収入が一定額以下のため、生活するために主に金銭的援助が必要な家族が「扶養家族」です。
具体的には「子供」や「妻」や「高齢者」などが「扶養家族」に該当するケースが多いです。

扶養家族がいる場合は、そのぶんお金が多くかかるので、税金の支払い額を少なくする措置が取られており、これを「扶養控除(ふようこうじょ)」と言います。

「妻」は「配偶者(はいぐうしゃ=夫婦の一方から見た他方、つまり夫か妻のこと)」でもあるので混乱しやすいですが、収入が一定額以下の「妻や夫」は「配偶者」であると同時に「扶養家族」でもあります。

扶養家族の使い方

  • 扶養家族が増えたので、お金を稼がなくてはならない。
  • 扶養家族がいないので、扶養控除は受けられない。
  • 扶養家族の有無を書類に記入する。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。