マテリアルの意味とは?

「〇〇マテリアル」というように、社名として耳にすることも多い「マテリアル(material)」という言葉。
どのような意味のカタカナ語でしょうか。

スポンサーリンク

マテリアルの意味

マテリアル(material)は「原材料」「素材」「器具・道具」という意味の言葉です。
語源はラテン語の「materia(=物質・物体)」という言葉。
マテリアルは英語では「物質的な」という形容詞としての意味も持ちますが、カタカナ語では上記のように名詞として使うことが多いです。

「マテリアル」は「三菱マテリアル」や「東芝マテリアル」のように社名として使われることも多く、これらの会社は金属や機械部品などの「原材料」を扱っています。

また、「マテリアルリサイクル(=原材料の再利用)」や「マテリアルハンドリング(=原材料などの運搬管理)」のように他の言葉にくっつけて使うことも多いです。

マテリアルの使い方

  • 新しいマテリアルのサンプルが届く。
  • 三菱マテリアルの不正問題。
  • マテリアルリサイクルによって作られた製品。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。