インバウンドの意味とは?

「インバウンド消費」や「インバウンド効果」など、ニュースで馴染みのある「インバウンド(inbound)」という言葉。
「インバウンド」は色々な分野で使われる言葉です。

スポンサーリンク

インバウンドの意味

インバウンド(inbound)は「入ってくる」という意味の英単語で、使う分野によって意味が異なります。

ビジネスの分野では「外から電話がかかってくること」という意味で使います。
「インバウンド業務」で「お客から電話を受ける業務」という意味になります。
ちなみにこれはカタカナ語としての用法なので、海外では通じない可能性が高いです。

旅行の分野では「外国人旅行客」という意味で使います。
日本の場合は「訪日外国人旅行客」という意味になります。
ニュースではこの意味で使われることが多いです。
「インバウンド消費」で「外国人旅行客による消費」という意味になります。

ITの分野では「外部からデータが入ってくること」という意味で使います。
「インバウンドデータ」や「インバウンドトラフィック」という場合はこの意味です。

いずれの分野でも対義語は「アウトバンド(outbound)」です。

インバウンドの使い方

<外から電話がかかってくることという意味>

  • インバウンド業務に従事する。
  • コールセンターにはインバウンドとアウトバンドの2種類がある。

<外国人旅行客という意味>

  • インバウンド消費の効果で景気が良い。
  • インバウンド向けに旅行プランを練る。

<外部からデータが入ってくることという意味>

  • インバウンドデータを受信する。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。