重複の読み方と意味とは?

読み方の難しい「重複」という言葉。
よく使われる言葉なので、意味や読み方を理解しておきましょう。

スポンサーリンク

重複の読み方

重複の正式な読み方は「ちょうふく」、慣用読みでは「じゅうふく」
と読みます。
「慣用読み(かんようよみ)」は「正式な読み方ではないが広く一般に浸透している読み方」のこと。
「重複」は「ちょうふく」「じゅうふく」のどちらの読み方でも誤読ではありません。

現在はまだ「ちょうふく」と読む人が多いですが、「じゅうふく」と読む人もだんだん増えてきています。
漢字を普通に読めば「じゅうふく」なので、そのうち逆転するかもしれないですね。

重複の意味

重複は「同じものが重なること」という意味の言葉です。

「重」は「かさなる」、「複」は「2つ以上からなる」という意味の言葉です。
2つを合わせると「2つ以上の同じものが重なる」という意味になります。

重複の使い方

  • 説明の内容が一部重複する。
  • 重複しているデーターを消去する。
  • 言葉を重複させて意味を強調する。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。