照会の意味とは?

「残高照会を行う」というように使う「照会(しょうかい)」という言葉。
重要な意味の言葉なので、しっかりと理解しておきましょう。

スポンサーリンク

照会の意味

照会(しょうかい)は「問い合わせて確かめること」という意味の言葉です。

「身元を照会する」で「身元を問い合わせて確かめる」という意味になります。

「問い合わせる」は「わからない点を電話やメールなどで聞いて確かめる」という意味の言葉ですが、「コンピューターでデータを検索して確認すること」なども「照会」といいます。
辞書には「照会」は「問い合わせて確かめる」という意味しか載っていませんが、問い合わせに限らず、広い意味で「情報を確認する」と理解しておいた方が良いかもしれません。

漢字をみると「照」は「照らす」、「会」は「合わせる」という意味を持ちます。
2つを合わせると「照らし合わせる」という意味になります。

照会の使い方

  • 警察が指紋の照会を行う。
  • 銀行で残高照会を行った。
  • ネットの照会サービスはセキュリティが心配である。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。