トランジットの意味とは?

旅行好きの人にはお馴染みの「トランジット(transit)」という言葉。
これから海外旅行に行く人は覚えておきたい言葉です。

スポンサーリンク

トランジットの意味

トランジット(transit)は「通行」「通過」を意味する英単語です。

ここから転じて「目的国に行く途中、他国の空港に立ち寄ること・またはその乗客」という意味で使われます。
旅行で使う「トランジット」はこの意味です。

航空機は給油などのためにトランジットしますが、その際、基本的に乗客は空港の外に出られません。
外に出るためにはビザが必要で、これを「トランジット・ビザ」と言います。

本来は、航空機の変更がある場合を「トランスファー」、航空機の変更がない場合を「トランジット」といいますが、一般的にはあまり区別されないことも多いです。

トランジットの使い方

  • トランジットホテルに宿泊する。
  • トランジットビザを発給してもらう。
  • トランジットは空港の外に出られない。

というように使います。

トランジットホテルは「空港内にあり、トランジットの際にそのまま利用できるホテル」のことです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。