戯言の意味と読み方とは?

戯言

「戯言を言う」というように使われる「戯言」という言葉。

「戯言」には多くの読み方があり、読み方によってニュアンスが少し変化します。

この記事では「戯言」の意味や読み方についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

戯言読み方

戯言の読み方には「ぎげん」「けげん」「ざれごと」「たわごと」などがあります。

よく使われるのは「ざれごと」と「たわごと」です。

読み方によって少し意味合いが変わりますので、それぞれについて解説していきます。

戯言(ざれごと)の意味

戯言を「ざれごと」と読むと「冗談」という意味になります。
「戯言を言う」で「冗談を言う」という意味になります。

戯言(たわごと)の意味

戯言を「たわごと」と読むと「ばかげた話」という意味になります。

「ざれごと」はユーモラスな雰囲気がありますが、「たわごと」は面白くもなんともない馬鹿な話という印象です。
「たわごと」のほうが意味がきついですね。

戯言(ぎげん・けげん)の意味

戯言を「ぎげん」や「けげん」と読む場合は、「ざれごと」と同じく「冗談」という意味になります。

「たわごと」と読む場合だけちょっと意味合いが異なると理解すると良いでしょう。

戯言の使い方

<冗談という意味(ざれごと)>

  • 戯言なのか本気なのか判断がつかない。
  • こんな時に戯言はやめてくれ。

<ばかげた話という意味(たわごと)>

  • まったく根も葉もない戯言である。
  • 戯言をぬかす奴は信用できない。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。