アセスメントの意味とは?

「環境アセスメント」や「人材アセスメント」というように使われる「アセスメント(assessment)」という言葉。
色々な分野で使われている言葉です。

スポンサーリンク

アセスメントの意味

アセスメント(assessment)は「評価」「査定」という意味の言葉です。

「環境アセスメント」で「環境評価」と訳されます。
「環境アセスメント」は「環境に及ぼす影響を開発の前に評価すること」という意味の言葉です。
「環境アセスメント」を略して「アセスメント」や「アセス」という場合もあります。

アセスメント(assessment)は英語では「課税のための評価・査定」という意味がありますが、日本では特に「課税」という意味はなく、色々な分野で「評価・査定」という意味で使われています。

特によく使われる「環境アセスメント」の他にも「リスクアセスメント」、「製品アセスメント」、「テクノロジーアセスメント」などの言葉があり、介護の分野でもよく使われています。
いずれも「評価・査定」という意味ですが、多くが「事前の評価・査定」を意味します。

アセスメントの使い方

  • 環境アセスメントを行う必要がある。
  • リスクアセスメントを実施する。
  • 介護においてもアセスメントは重要である。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。