壮行会の意味とは?

オリンピックの直前に行われる「壮行会(そうこうかい)」が印象深いですが、「壮行会」は一般的にも行われます。
「壮行会」はどのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

壮行会の意味

壮行会(そうこうかい)は「旅立つ人を激励するための会」という意味の言葉です。

「オリンピック選手の壮行会」で「オリンピックに出場する選手を激励するための会」という意味になります。
「オリンピック頑張ってきてください」という意味で開催されるわけです。

「壮」は「勇ましい」、「行」は「いく」という意味を持つ言葉です。
「壮行」で「旅立ちに際して激励すること」という意味になります。
「壮行するための会」なので「壮行会」といいます。

似た言葉の「送別会」は「別れを惜しんで開かれる会」という意味です。
「壮行会」は「頑張って来いよ!」、「送別会」は「残念だね…」という全く異なるニュアンスの言葉なので、はっきりと使い分けるようにしましょう。

壮行会の使い方

  •  盛大な壮行会が開かれた。
  • 全国大会に向けての壮行会に出席した。
  • 本社勤務になった同僚のために壮行会を開いた。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。