ご教授の意味とは?

「ご教授ください」というように使われる「ご教授(ごきょうじゅ)」という言葉。
似たような言葉に「ご教示」があるので混乱しないようにしてください。

スポンサーリンク

ご教授の意味

ご教授(ごきょうじゅ)は「おしえさずけること」という意味の言葉です。

学問や技芸を教え授けることを「教授」と言います。
「ご教授」はこの尊敬語です。

大学の先生のことを「教授」といいますが、まさに大学の先生がやっていることが「教授(おしえさずけること)」です。
高度な知識や技能を教えることですね。

似たような言葉の「教示(きょうじ)」は「情報を教え示すこと」という意味で、「教授」に比べると教える内容が単純です。
ですので、例えば経済情報を知りたいときは「ご教示」、経済学を学びたいときは「ご教授」と使いわけると良いでしょう。

ご教授の使い方

  • 是非ご教授願います。
  • 生け花のご教授をしていただいた。
  • 私もご教授いただきたい。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。