干渉の意味とは?

「他人の行動に干渉する」というように使われる「干渉(かんしょう)」という言葉。
よく使われる言葉なので意味を理解しておきましょう。

スポンサーリンク

干渉の意味

干渉(かんしょう)は「他人のことに立ち入って、自分の考えを押し付けようとすること」という意味の言葉です。

親が子供に口出しすることも「干渉」ですし、ある国が他国に対して自分の考えを押し付けようとすることも「干渉」です。

漢字をみると「干」は「かんけいする」、「渉」は「水の中をわたる」という意味の言葉です。
「干渉」には「二つ以上の波が重なって互いに影響しあう現象」という意味もあるので、日常的に使われる「自分の考えを押し付けようとすること」という意味は「大きい波が小さな波に影響して打ち消す様子」をイメージするとわかりやすいです。

「親が子供に干渉する」場合は、親が「大波」、子供が「小波」ですね。

干渉の使い方

  • 他人の生活に干渉する。
  • 他国の内政に干渉する。
  • 子供のやることにいちいち干渉する親。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。