轍の意味とは?

「同じ轍を踏む」というように使われる「轍」という言葉。
意味が複数あるので混乱しないように注意しましょう。

スポンサーリンク

轍の意味

轍には2つの意味があります。

1つ目は「通り過ぎた車輪の跡」という意味です。
この意味では「轍」は「わだち」と読むのが一般的です。

「車の轍」で「車が通り過ぎたあとに残る車輪の跡」という意味になります。
未舗装道路などで、車の轍は二本線になって残ります。

2つ目は「先例」という意味です。
これは「通り過ぎた車輪の跡」という意味から転じて比喩的に使われます。
この意味では「轍」は「てつ」と読むのが一般的です。

「通り過ぎた車輪の跡」を「先人の通ったあと」つまり「先例」に見立てています。
この意味では「轍を踏む(てつをふむ)」という慣用句として使われることが多いです。
「轍を踏む」は「同じ失敗を繰り返す」という悪い意味の言葉です。

轍の使い方

<通り過ぎた車輪の跡という意味>

  • ぬかるみにが残っている。
  • 深いにハンドルをとられた。

<先例という意味>

  • 先人のを踏まないように気を付ける。
  • 前任者と同じを踏むことになった。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。