払い戻しの意味とは?

「払い戻しを受ける」というように使われる「払い戻し(はらいもどし)」という言葉。
使われる場面によって少し意味が異なるので、それぞれの意味について解説してきます。

スポンサーリンク

払い戻しの意味

払い戻し(はらいもどし)は3つの意味があります。

1つ目は「受け取った金銭を精算して余ったものを返金する」という意味です。
「切符の払い戻し」や「カード残高の払い戻し」という場合はこの意味です。

2つ目は「預貯金を預けた人に払い渡す」という意味です。
「預貯金を引き出す」ことです。
「預金の払い戻し」という場合はこの意味です。

3つ目は「競馬などで、当たった投票券を現金に換える」という意味です。
「当たり馬券の払い戻し」や「宝くじの払い戻し」という場合はこの意味です。

「払い戻し」は使われる場面によって微妙に意味が異なるので、混乱しないようにしましょう。

払い戻しの使い方

  • チケットの払い戻しを受けた。
  • 定期預金の払い戻しができなかった。
  • 馬券の払い戻し額が100万円になった。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。