計上の意味とは?

会計用語としてよく使われる「計上(けいじょう)」という言葉。
「売り上げを計上」「費用を計上」など、よく耳にしますが「計上」とはどのような意味なのでしょうか。

スポンサーリンク

計上の意味

計上(けいじょう)は「全体の計算の中に組み入れること」という意味の言葉です。

「予算に計上する」で「予算の計算の中に組み入れる」という意味になります。
簡単に言えば「予算に含める」ということです。

会計用語としては「売り上げを計上する」で「売り上げを全体の計算に組み入れる」つまり「売り上げを帳簿に記入して決算書に反映させる」という意味になります。
会計用語としての「計上」は「帳簿に記入すること」と理解するとわかりやすいです。
帳簿に記入することで全体の計算の中に組み入れることができます。

計上の使い方

  • 多額の経費を計上して節税をした。
  • 社会保障費が最も多く計上されている。
  • 最終的に赤字が計上された。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。