昇華の意味とは?

「昇華(しょうか)」は化学の分野で使われたり、比喩的な意味で日常的にも使われたりする言葉です。
ここでは「昇華」のそれぞれの意味について解説します。

スポンサーリンク

昇華の意味

昇華(しょうか)は「固体から気体へ直接変化すること」という意味の言葉です。
この意味では化学の分野で使われます。
例えば、ドライアイスは二酸化炭素が固まったものなので、溶けると液体にはならず、いきなり気体になります。
このような変化を「昇華」と言います。

昇華は上記の意味から転じて、比喩的に「ものごとがより高度な状態に高められること」という意味で使われることが多いです。
「苦悩を芸術へと昇華させた」というような使い方です。
これは、苦悩している状態から芸術を生み出した、という意味ですね。
この場合では「苦悩」を「固体」、「芸術」を「気体」に例えて「昇華」といっているわけです。

昇華の使い方

<固体から気体へ直接変化することという意味>

  • ドライアイスは常温で昇華する。
  • 実は氷点以下では氷も昇華している。

<ものごとがより高度な状態に高められることという意味>

  • 激しい怒りを芸術へと昇華させた。
  • ただの殴り合いを昇華させてボクシングが誕生した。

というように使います。

スポンサーリンク

1 thought on “昇華の意味とは?

  1. ピンバック: ダイソーリビング6連発!お値段以上の価値がある物を集めてみました。|月美雲(つきみぐも)の☆にじいろボール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。