ガバナンスの意味とは?

「コーポレートガバナンス」という言葉でも馴染みのある「ガバナンス(governance)」という言葉。
よく聞く言葉なので意味はしっかりと理解しておきましょう。

スポンサーリンク

ガバナンスの意味

ガバナンス(governance)は「統治」という意味の言葉です。

「統治」は「まとめておさめること」という意味の言葉。
ガバナンスをわかりやすく言えば「コントロールすること」という意味です。

よく聞く「コーポレートガバナンス」は「企業統治」という意味で、「企業をまとめておさめること」という意味になります。
これは「どのように企業組織をコントロールしていくか」ということで、具体的には「企業の不正行為を防ぐための仕組み」や「企業が効率的な業務を行うための仕組み」のことを「コーポレートガバナンス」と言います。

「ガバナンス」は企業以外の組織でも使えます。
例えば、不正行為が発覚した政府の責任者が「ガバナンスを強化します」と言えば「不正行為を防ぐための仕組みを強化します」という意味になります。

ガバナンスの使い方

  • 組織のガバナンスを強化する必要がある。
  • ガバナンスの改善の結果、効率が上がった。
  • 企業にとって、コーポレートガバナンスは重要である。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。