ユーティリティの意味とは?

「ユーティリティソフト」や「ユーティリティルーム」など、色々な分野で使われる「ユーティリティ(utility)」という言葉。
ここではユーティリティの意味についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ユーティリティの意味

ユーティリティ(utility)は「役に立つこと」という意味の言葉です。

「ユーティリティ」は他の言葉にくっつけて使われることが多く、「ユーティリティプレイヤー」で「役に立つ選手」、「ユーティリティルーム」で「使い勝手が良く役に立つ部屋」という意味になります。

また、「ユーティリティ」はデジタル用語としても使われており、「ユーティリティソフト」で「アプリケーションなどの機能を改善するためのソフトウェア」という意味になります。
「ファイル圧縮ソフト」や「メモリ管理ソフト」などの便利で役に立つソフトウェアが「ユーティリティソフト」です。

このように幅広い分野で使われている「ユーティリティ」ですが、「役に立つこと」という意味で理解するとわかりやすいでしょう。

ユーティリティの使い方

  • ユーティリティプレイヤーとして活躍している選手。
  • 新居ではユーティリティルームに机を置くつもりだ。
  • 新しくユーティリティソフトウェアが導入された。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。