ハニートラップの意味とは?

世の中には色々な罠がありますが、「ハニートラップ」は最も引っかかりたくない罠の一つです。
本格的な「ハニートラップ」にかかったら、人間不信になってしまいそうです。

スポンサーリンク

ハニートラップの意味

ハニートラップ(honey trap)は「甘い罠」という意味の言葉です。
「ハニー(honey)」は「蜂蜜」や「甘いもの」、「トラップ(trap)」は「罠(わな)」という意味の英単語です。

ハニートラップはもともと「色仕掛けによるスパイの諜報活動」を指す言葉で、主に女性スパイが男性の対象者と性的な関係をもち、機密情報を聞きだすことを意味する言葉です。
ここから転じて、一般的な「色仕掛けによる罠」についても「ハニートラップ」というようになりました。

例えば、一般の女性が有名な男性タレントと性的な関係をもった後で、その情報を週刊誌に売ることも「ハニートラップ」ですし、美人局(つつもたせ)的なことも「ハニートラップ」と言います。

出会って間もない美人に言い寄られるなどの甘い話には注意が必要ですね。

ハニートラップの使い方

  • 女性スパイがハニートラップを仕掛けた。
  • 美人について行ったらハニートラップだった。
  • 有名なタレントがハニートラップに引っかかった。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。