失念の意味とは?

「失念(しつねん)」はビジネスシーンでよく使う言葉です。
使わずに済む方が良いですが、社会人であれば一度は使う機会があるでしょう。

スポンサーリンク

失念の意味

失念(しつねん)は「うっかり忘れること」「ど忘れ」という意味の言葉です。

「失念しました」は「忘れました」の丁寧な言い方です。
うっかり忘れてしまった場合に「忘れました」というと無責任に聞こえることもあるので、「失念しました」と言う方が無難です。

「失念」はかたい言葉なので、主に職場の上司や仕事の取引先相手などに対して使います。

「失念」はもともと仏教用語です。
仏教用語で「念」は「記憶」という意味を持ちます。
「記憶=念」を「失う」ので「失念」といいます。

忘れないことが一番ですが、人間である限りミスはあると思いますので、社会人になったら「失念」は使えるようにしておいた方が良いでしょう。

失念の使い方

  • 保管場所を失念してしまいました。
  • 相手の名前を失念してしまった。
  • 聞いたはずのことをすっかり失念していた。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。