ダークサイドの意味とは?

「ダークサイド」は映画スターウォーズの中で使われている有名な言葉ですが、この他にも様々な場面で使うことができる言葉なので、意味は知っておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

ダークサイドの意味

ダークサイド(dark side)は「暗黒面(あんこくめん)」という意味の言葉です。

dark=暗黒、side=面です。
この言葉は「暗い部分」や「悪い部分」という意味で捉えるとわかりやすいかもしれません。

スターウォーズの世界ではフォースという不思議な力が存在し、このフォースが正義の心で使われる場合を「ライトサイド(光明面)」、邪悪な心で使われる場合を「ダークサイド(暗黒面)」といいます。
ヨーダがライトサイドで、ダースベイダーがダークサイドですね。

また、この他にもダークサイドは人生や社会などの悪い部分を表すときにも使われます。
例えば「人生のダークサイド」といった場合は、過去に行った悪事などのような「人生の悪い部分」を意味しますし、「社会のダークサイド」といった場合は社会の裏側で行われている悪事などのような「社会の悪い部分」を意味します。

このように、ダークサイドという言葉はスターウォーズの世界以外でも使われていることをおさえておきましょう。

ダークサイドの使い方

  • ダースベイダーはフォースのダークサイドにどっぷりと浸かっている。
  • 僕には誰にも言えない人生のダークサイドがある。
  • あまり表には出てこないが、この日本社会にもダークサイドは確かに存在している。

というように使います。

スポンサーリンク

1 thought on “ダークサイドの意味とは?

  1. ピンバック: ダークサイド に落ちないために、克服すべき2つのこと。 | 環境と習慣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。