マイノリティーの意味とは?

「マイノリティー(minority)」は最近よく耳にするようになってきた言葉なので、意味は知っておいた方が良いでしょう。
マイノリティーは簡単な意味の言葉です。

スポンサーリンク

マイノリティーの意味

マイノリティー(minority)は「少数」「少数派」という意味の言葉です。
この言葉は特に社会問題を扱うときによく使われます。

例えば、ある国に住んでいる少数民族や、少数派の考え方などを「マイノリティー」といいます。

また、最近よく耳にするようになった、「レズビアン(L)」、「ゲイ(G)」、「バイセクシュアル(B)」、「トランスジェンダー(T)」を意味する「LGBT(エルジービーティー)」は「セクシャルマイノリティー(性的少数者)」といいます。

マイノリティーという言葉の注意点は、必ずしも数が少ない場合だけを指す言葉では無いというところです。
数は多くても社会的に立場が弱い人々を指して「マイノリティー」という場合があります。
この場合は「社会的弱者」という意味に近いです。

マイノリティーの使い方

  • 日本社会における女性は、数では半数を占めるが、社会的弱者という意味でマイノリティーであるという意見もある。
  • 社内での私の意見はマイノリティーであり、なかなか賛同してくれる人が見つからない。
  • セクシャルマイノリティーに対する差別は徐々に無くなりつつある。

というように使います。

スポンサーリンク

2 thoughts on “マイノリティーの意味とは?

  1. non

    たまに耳にする言葉でしたがこちらの解説で意味、使い方がよく分かりました。

  2. lake24 投稿作成者

    コメントありがとうございます!
    お役に立てて嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。