カンストの意味とは?

「カンスト」は主にゲームの分野で使われている言葉です。
最近ではゲーマーが職業として成り立つようにもなっていますが、ゲーマーにとっては馴染みのある言葉です。

スポンサーリンク

カンストの意味

カンストは「カウンターストップ」の略であり、「カウンターの数値が上限に達してカウントがストップすること」という意味の言葉です。
カウンターは「数を数えるもの」を意味し、このカウンターがストップするので「カンスト」です。
例えば、スコア(得点)のカウンターが999などの上限に達し、それ以上はカウントできない状態が「カンスト」です。

ドラゴンクエストなどのロールプレイングゲームでレベルが99以上には上がらないのも「カンスト」ですね。

僕がドラクエ5にハマっていた頃には想像できませんでしたが、最近では年収が1億円を超えるようなゲーマーもいるようです。
なんだかすごい時代ですね。

カンストの使い方

  • スコアがカンストしてからもプレーを続けると特別なエンディングが見られる。
  • レベル99でカンストした。
  • カンストするならまだしも、リセットされて再びゼロからカウントし始めるのは嫌だ。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。