アウトレットの意味とは?

「アウトレット商品」や「アウトレットモール」など、すっかり定着したアウトレットという言葉。
簡単な意味の言葉なので、知っておくと役に立つでしょう。

スポンサーリンク

アウトレットの意味

アウトレット(outlet)は元々「出口」や「はけ口」という意味の言葉で、ここから転じて「売れ残り品などを安く販売すること」という意味で使われている言葉です。

具体的には、売れ残り品や少しキズのある商品、旧型の商品などを安く売ることをいい、ものによっては8割から9割も値引きすることがあります。
アウトレットは中古品ではなく、使用にも何ら問題がないため、とてもお得感が強いです。
特に、正規店で買うと高額な有名ブランドのものは人気です。

売れ残りなどを理由に安く販売している商品のことを「アウトレット商品」といい、アウトレット商品を売っているお店のことを「アウトレットショップ」、そしてアウトレットショップがたくさん集まったものを「アウトレットモール」といいます。

アウトレットの使い方

  • 日本で最初に作られたアウトレットモールは静岡県にある「御殿場(ごてんば)プレミアムアウトレット)」であり、日本最大の店舗面積を誇っている。
  • アウトレットは不況に強く、日本では1990年代から急速に浸透した。
  • アウトレット商品はどれも新品と変わりなく、とても安く購入できる。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。