マスカレードの意味とは?

「マスカレード」は日本ではエンターテイメントの分野でよく使われている言葉です。
マスカレードはどのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

マスカレードの意味とは

マスカレード(masquerade)には2つの意味があります。

1つ目は「仮面舞踏会」「仮装大会」という意味。
2つ目は「見せかけ」「虚構」という意味です。

日本ではマスカレードは特に、小説や楽曲などのタイトルに使われることが多いです。
例えば、「trf」や「聖飢魔II」や「安全地帯」の楽曲のタイトルにも使われていますし、「板垣雅也(いたがきまさや)」の漫画のタイトルや「東野圭吾(ひがしのけいご)」の小説のタイトルにも使われています。

また、エンターテイメントの分野以外にもITの分野で「IPマスカレード(アイピーマスカレード)」という言葉があります。
IPマスカレードは、ひとつのグローバルIPアドレスを複数の機器で共有する技術のことです。

マスカレードの使い方

  • コスプレ好きのためのマスカレードが開催されるようだ。
  • ミステリー作家の東野圭吾が書いた「マスカレード・ホテル」を読んだ。
  • trfの「マスカレード」を久しぶりにカラオケで歌った。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。