相対的の意味をわかりやすく

「相対的に判断する」というように使われる「相対的(そうたいてき)」という言葉。
難しそうな言葉ですが、実はそれほど難しい意味の言葉ではありません。

スポンサーリンク

相対的の意味とは

相対的は「他との関係や比較において成り立つさま」という意味の言葉です。
わかりやすく言えば「他と比べたさま」という意味です。

例えば、「Aは他と比べて価値が高い」という場合は「Aは相対的に価値が高い」と表現できます。

相対的の反対語は「絶対的(ぜったいてき)」であり、これは「他とは比べようもないさま」という意味の言葉です。

わかりやすく言えば、他と比べて評価をするのが「相対的」、他とは比べようもないのが「絶対的」です。

相対的の使い方

  • アインシュタインの「相対性理論」は時間の流れが絶対的なものではなく、相対的なものだということを証明した有名な理論である。具体的に言えば、高速で移動している物体の時間は移動していない物体に比べて、相対的にゆっくりと流れているということで、ウソのような話だがホントのことだ。
  • 彼は身長の高い男だが、所属しているバスケ部の部員たちと並ぶと相対的にチビになる。
  • 経済対策は、各国の経済状況をみながら相対的に判断することが重要である。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。