奢りの意味とは?

奢り

「今日は俺の奢りだ!」などのように使う「奢り(おごり)」という言葉。

よく聞く言葉ですが、「奢り」とはどのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「奢り」の意味や使い方について、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

奢りの意味

「奢り」は「人の買い物や食事の代金などを自分が支払うこと」という意味の言葉です。
「奢り」には「ぜいたく」という意味もあり、この意味では小説などでよく使われますが、日常的には上記の意味で使うことが多いです。

例えば食事会で「今日は俺の奢りだ!」と言えば、「今日のみんなの食事代は全て俺が支払う!」という太っ腹な意味になります。

また、同音異義語の「驕り(おごり)」は「思い上がり」を意味する別の言葉なので、混同しないようにしましょう。

奢りの使い方

  • ボーナスがでたから、今日は俺の奢りだ。
  • 知り合いの奢りで美味い酒を飲む。
  • 社長の奢りで旅行に連れて行ってもらった。
  • 奢りを極めた別荘。

などのように使います。
最後だけ「ぜいたく」という意味で使っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。