色恋の意味とは?

色恋

「色恋営業」や「色恋沙汰」などのように使う「色恋」という言葉。
「いろこい」と読みます。

「色恋」は水商売などで使うことが多い言葉であり、肉体関係が含まれるのかどうかについて気になる方も多いでしょう。

そこで、この記事では「色恋」の意味や使い方について、わかりやすく解説していきます。

「色恋」の意味を知り、適切に理解できるようになりましょう。

スポンサーリンク

色恋の意味

色恋は「男女間の恋愛や情事」という意味の言葉です。
「情事(じょうじ)」とは「夫婦ではない男女の肉体関係」を意味する言葉。

したがって、色恋には肉体関係が含まれます。

ホスト用語としての「色恋」は「色恋営業」の略です。
「色恋営業」は 「お客の女性と疑似恋愛をしてるように振る舞う営業方法」のこと。
「色恋営業」はあくまでも疑似恋愛ですが、肉体関係を結ぶこともあります。
特に、お客の女性と肉体関係がある営業を「枕営業」や「枕」と呼ぶこともあります。

また、「本営(ほんえい)」は「本カノ営業」または「本命営業」の略で、「お客の女性を本当の彼女のように扱い、そう信じ込ませる営業方法」のことです。

「枕営業」も「本営」も「色恋営業」の範疇に入ります。

色恋の使い方

  • 色恋とは知りながらもホスト通いがやめられない。
  • 色恋営業のつもりが、いつのまにか本気になってしまった。
  • 色恋沙汰には一切の関心がない友人。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。