アトリエの意味とは?

芸術家に必須の「アトリエ」。

よく聞くカタカナ語ですが、意味を正確に説明できる方は意外に少ないかもしれません。

この記事では「アトリエ」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アトリエの意味

アトリエ(atelier)は「画家、彫刻家、工芸家などの芸術家の仕事場」という意味の言葉です。
「アトリエ」は、フランス語に由来するカタカナ語。
フランス語でも同じ意味で使われています。

英語では「スタジオ(studio)」と言い、和訳では「工房(こうぼう)」と訳されることが多いです。

アトリエは、作品を制作するために、天井の高い広いスペースと明るさが重要とされています。
そのため、元々ある部屋をアトリエにするのではなく、初めからアトリエとして特別に設計して作ることが多いです。

アトリエの語源は「木片の堆積」を意味する言葉であり、ここから転じて「大工の仕事場」を意味するようになり、さらに転じて現在の意味になったとされています。

アトリエの使い方

  • アトリエの中に描きかけの絵が残されていた。
  • アトリエ付きの物件を購入した。
  • 友人の陶芸家のアトリエを訪ねる。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。