刹那の意味とは?

「刹那的な生き方」や「刹那主義」というように使われる「刹那(せつな)」という言葉。
難しそうな言葉ですが、意味は簡単です。

スポンサーリンク

刹那の意味

刹那(せつな)は「きわめて短い時間・瞬間」という意味の言葉です。

刹那はもともと仏教用語で、指を1回はじく間に60~65の刹那があると言われています。
1秒よりもはるかに短い一瞬が「刹那」です。

本来「刹那」は悪い意味ではありませんが、現在では悪い意味で使われることが多いです。
例えば「刹那主義」で「一時的な快楽を求める考え方」、「刹那的な生き方」で「今が良ければそれで良いという生き方」という意味になります。

刹那のもともとの意味から、「刹那主義」は「その瞬間を大切にする考え方」という意味もありますが、一般的に悪い意味で使われるので「刹那」を使う場合は注意しましょう。

刹那の使い方

  • 刹那的な生き方は改めなくてはならない。
  • 顔を見合わせた刹那に記憶が蘇った。
  • 彼は根っからの刹那主義者である。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。