閾値の意味をわかりやすく

「閾値」は読み方が2通りあるため、ちょっと混乱しやすい言葉です。
ここでは閾値の意味についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

閾値読み方

閾値は正式には「いきち」と読みますが、一般的には「しきいち」と読むことが多いです。
どちらの読み方も間違いではありません。

閾値の意味

閾値は「境目となる値」という意味の言葉です。
いろいろな反応は閾値以上で反応し、閾値以下では反応しません。

閾値は「限界値」という意味で理解するとわかりやすいです。
「閾値を超える」で「境目となる値を超える」、つまり「限界値を超える」という意味になります。

「ストレスが閾値を超える」で「ストレスが限界値を超える」という意味になります。
ストレスが閾値を超えると発病したりします。

閾値の「閾」はもともと「門の敷居」という意味の言葉で、「内と外の境界」という意味を持っています。
したがって「閾値」で「境目の値」という意味になります。

閾値の使い方

  • 閾値に達したことで反応が得られた。
  • 薬のある成分が閾値を超えると副作用がでる。
  • 閾値が高いので反応させることは容易でない。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。